大正元年(1912年)に創業した私たちは、今年(2018年)で創業106年の節目を迎えます。大正の初めから日本経済激動の昭和を経て、現在もなお企業活動を行えていることをありがたく思い、また、誇りに思えています。

世間では来る2020年に東京オリンピックが開催されます。
暦的にも節目の時期にこの日本が世界から注目されることは誠に喜ばしいことです。

この国が次のステージへと成長をステップアップをしようとしている今、私たちも次の新たなる未来へと成長を遂げる為にVISION2022という新たなビジョンを定めました。

ビジョンの理念は

1、社会における企業としての価値の創造
2、市場における企業としての利益創出と還元
3、組織における企業としての責務

この3つの理念を経営の柱とし、来るべく2022年、我社110年の節目を迎えるまでの中長期ビジョンを掲げ、目標を達成すべく努力を致します。

上記理念が三位一体となることを継続させ続けることこそ真の「お客様感動にCHALLENGE!」というコア・コンピタンスだと信じております。

※コア・コンピタンス:「顧客に対して、他社には真似のできない自社ならではの価値を提供する、企業の中核的な力」